吉岡 秀人(よしおか ひでと、1965年8月12日 - )は、日本医師である。専門は小児外科
特定非営利活動法人ジャパンハート・代表。 ミャンマーで幼い命を救い続け、年間約2,000件の手術を行い、2013年現在、その数は1万人をゆうに超える。 日本帰国時には、依頼を受け講演会を多数行う。2013年より小学生を対象とした「いのちの授業」の講演活動を開始予定。
大阪府吹田市出身。大分大学医学部卒。大学卒業後、大阪、神奈川の救急病院などで勤務の後、1995年から1997年までミャンマーで活動。 その後、岡山病院小児外科、川崎医科大学小児外科講師などを経て、2003年から再びミャンマーで医療活動を再開
2004年、国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」を設立。ミャンマーカンボジアラオス、日本で医療支援活動を行う。 *海外:手術、診察など医療活動、視覚障害者自立支援活動、エイズや貧困で人身売買の危険にさらされている子どもたちの保護と養育施設「DreamTrain」の運営、災害孤児の養育支援、学校での保健・衛生教育事業、医師・看護師育成事業などを行う。

引用元:Wikipedia 吉岡秀人 (2014年10月31日5:23)